US-CPA(米国公認会計士)の転職先


こんにちは
代表の鈴木です。私は、Abitus(アビタス)という資格学校で、非常勤の講師をしています。

US-CPA(米国公認会計士)の資格を取得したいと考えている人に、アメリカの公認会計士になるために必要なUS-GAAP(財務会計)や、IRC(連邦税法)を教えています。

例えば、アメリカでは、年収が約100万円以上の人は必ず自分で確定申告をしなければなりませんが、日本では2000万以上の人はするというルールになっています。
日本では、自分がいくら税金を払っているかほとんどの人は知らないので、税金が何に使われているかにも興味を持たず、施政者としては楽ですよね。

とか

日本で消費税が上がるときによく言われていたのが、「北欧諸国では消費税が25%と高いので、日本も上げるべきだ」という話だったのですが、そもそも北欧諸国では、誰がいくら税金を払っているかが公表されているので、日本とは全く違いますよね。

なんていう話をしています。

生徒さんと話していてよく思うのですが、ものすごく優秀な方が多いのに、信じられないくらい保守的な人がほとんどなのです。

アメリカの公認会計士の試験は、日本の公認会計士の試験と違って、広く浅く学習するので、私は個人的には、資格取得者は日本のベンチャー企業のCFO(財務責任者)の仕事をするのが一番向いているのではないかなと考えています。

しかし、ほとんどというか、全くその選択肢は皆さん持っていらっしゃいません。

基本的にUS-CPAを取得すると、大手の事業会社に入るか、大手の監査法人に入るのがゴールとなっています。
ベンチャー企業で働いている方も中にはいるのですが、消去法で仕方なくベンチャーに行く、という感じなのです。
しかし実際は、収入面でも労働条件の面でも、ベンチャーに進んだ人の方が大きなリターンを得ています。

CFOを必要としている会社はたくさんあるのですが、必要とされている人材は間違った方向を向いている、という大きなミスマッチがあって、世の中は不思議だなと感じます。