retroの評価制度について


株式会社retroに興味を持って下さってありがとうございます。
転職希望者の方も気になるであろう、評価制度について簡単に説明します。
ベンチャー企業経営者の方にも参考になればと思います。

評価制度は変わりますので、これが最終形でも正解でもありません。
日々改善していきたいと考えていますので、他社の参考例や提案などございましたら、是非教えてください。

retroは2014年5月に設立して以来、評価制度は試行錯誤してきました。
初めは「4半期に1度、上司と面談する」というざっくりとしたものだったのですが、忙しいからなどという理由で半年に1度になったり、面談の内容も雑談で終わってしまったりして、次に生かされることはあまりありませんでした。

面談相手を変えたり、タイミングや場所を変えたり、シートを作ってみたり色々したのですが、最近2年は以下のようにしています。

「毎月10日までに簡単なシートを書いて、直属の上司と社長と3人で、1ヶ月の報告をする」

面談と言うと仰々しいので、単純に1ヶ月にあったことを報告する報告会と呼んでいます。
まずは会社全体の目標を毎月設定します。
それを元に各チームの目標と、個人の目標を設定することにしています。
シートは以前もっと複雑だったのですが、形より中身が重要なので、シンプルなものに落ち着きました。

自分が立てた目標にどれだけ近づけたのかによって評価されます。
目標を設定するのも、評価するのも自分です。
この絶対評価を元に、ボーナスの支給金額が変わる仕組みになっています。

あとは細かいのですが、ピアボーナスアプリのkarmaを使って周りからの評価も少し加味しています。

そもそもこういった人事制度を構築することにも興味があるという方、今株式会社retroでは人事担当者も募集中ですので、是非一度御来社ください。