バイヤーにはオーダースーツ代「5万円」支給します!!


retroではバイヤーを志す方にはオーダースーツ代として「5万円」まで支給しております。吊るしではなくオーダーでないと支給はされません。

中古ブランド品業界と聞くとやや怪しげな印象をお持ちの方もいらっしゃると思いますが、実は全然そんなことはありません。そうは言っても人々が抱く印象というは根強く、少しでもお客様に信頼してもらわなくてはいけませんのでまずは見た目から…

高級なスーツを着る必要はありませんがシワシワ、よれよれではなくきちんとしたサイズ感でビシっと決めて第一印象で好印象を抱いてもらうことが重要です。出会って数秒、視覚からの情報で第一印象が決まってしまいます。買いたたくことはせず、委託で販売価格もオープンにして正直運用でやっているのに、見た目で信頼を失ってしまってはもったいないっ!ということでスーツを作ってきました。

オーダースーツも比較的手ごろな価格で作れるところがあり、有名どころでは「麻布テーラー」でしょうか。セットアップが4万円程度からオーダーが可能です。オーダーで選べるのはざっくり、生地、裏地、ボタン、ベスト、シャツ、補強などのオプションになりますが、諸々入れていくと全く最安価格では収まりません。

今回お邪魔したのは「GINZA グローバルスタイル 新宿3丁目店」さんです。撮影とブログ掲載の許可をいただきましたのでオーダーの過程をご紹介します。

出典: GINZA Global Style

まずは生地選び。価格の大枠はここで決まります。選びだしたら値段一気高くなってしまいますが、やはり見た目の問題ですので妥協はできません!

今回選んだのは、ブラックがゼニア、カーキがドーメル。ゼニアは有名なのでご存知の方もいらっしゃるかと思います。シワになりにくく光沢が出すぎず多少折りが入っていい感じの雰囲気なのでチョイスしました。こちらは完全にビジネス・フォーマル用。

対してカーキは遊び・普段用。生地はドーメルなのでキングスマンとか好きな人はご存知かもしれません。とりあえずこんな色のセットアップはもっていないので、ミリタリーっぽくていいなと思いチョイス。

なぜ2着分選んでいるかというと、2着で47,000円~(2/3まで)というキャンペーンを行っていて1着よりも2着購入したほうが単価が安くなります。もちろん47,000円では収まらないのですが、それでも結構安いです。

お次はジャケットの採寸

シャツを着ていかなくても貸してくれます。やさしいお兄さんにまずはジャケットの採寸をしてもらいます。少し太ったのが気になりますがオーダーですから、今の自分にぴったりのスーツが出来上がります(笑)

次はパンツの採寸

しっかりとたるまないようにすっきり見せ…ん?

おわかりいただけましたでしょうか…。2着なのでそれぞれスタイルを変えました。ブラックのビジネス用(左足)はしっかり長さをとって歩けば靴下が見えるくらい、カーキの遊び用(右足)は短めにしテーパードかけてます。オーダーはこういうところもできるのでありがたいですね。

次はボタン

撮り方が下手ですが、実際はこれの3倍くらいあります。好みの形や色が選べます。ブラックはオーソドックスにブラックに、カーキはブラウン系に。

最後に裏地

種類がめちゃくちゃあります。でも選んだのはこれ↓

迷彩!カモフラ!内側で遊ぶ!ブラックスーツはブラックの迷彩、カーキはベージュの迷彩。いったいどんなのが出来あがるのか楽しみです。あとはオプションでセンタープレスを消えにくくするのと、股の補強(内張り)、ウエストの内側のすべり止めを付けました。

これで終了です。時間にして2時間程度だったかと思います。結構さくさく進みました。GINZA Global Style 新宿三丁目店は駅からも近く行きやすいです。予約をしていくと確実にスタイリストがついてくれるのでおすすめです。

バイヤー全員スーツがそろったら集合写真でも撮りたいな。

バイヤーは基本的にスーツでお客様対応を行います…が、スーツないから無理だな…と思わず、是非お気軽にお問合せください。スーツ代補助しますのでその辺は心配無用です。retroのバイヤーにはこんな特典もあるということでご紹介させていただきました。少しでもバイヤーに興味を持ってもらえましたら、方ぜひお話ししましょう。未経験で問題ありません。