京セラ稲森和夫さんのバナナのたたき売りの話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私がいつもオススメしている本があります。

京セラの稲森和夫さんが会計について書かれた本です。

この本の中に、有名なバナナのたたき売りの話があります。

あなたがバナナのたたき売りの商売をする時、まずはバナナを買います。

次にたたき売りをするための箱を300円で買います。

バナナを綺麗な布の上で売るために、箱に被せる布を1,000円で買います。

棒が無いとたたき売りにならないので棒を200円で買います。

バナナは一房50円で20房仕入れました。

このバナナを一房150円で売ります。

全部売れたとします。

売上は3,000円で仕入原価は1,000円ですから、儲けは2,000円のはずです。

でも、お金を数えると2,000円もありません。

いくら手元にあるでしょうか?

500円ですよね。

箱と布と棒で1,500円使ってますから。

でも、税務署はこう言います。

あなたは2,000円儲かったから、そのうち半分よこせと。

500円しかないのに、1,000円税金払えというのです。

これは、実際に商売している人にとっては当たり前のことなのですが、会計の勉強だけして実際の商売をしたことが無い人にとっては、目から鱗の落ちる例え話です。

もちろん、理屈はわかるのです。資産計上されたんでしょと。

少なくとも私は、会計についてそこそこわかっているつもりでしたが、稲森さんの本を読んで、自分は本質を何もつかめていなかったと思いました。

JAL再生の時、それまで2ヶ月遅れでしか把握できなかった飛行機1便当たりの利益をすぐに算出するようになった、という記事をどこかで見ました。

当社も出来ていないことが多々あります。

会計面から劇的に会社を成長させてみたい方、一度遊びに来て下さい。

お待ちしております!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*